ガレッド・デ・ロア通り
フェーヴのフランス額装とお菓子をめぐる5日間。

『ガレッド・デ・ロア通り』は、兵庫県西宮市・苦楽園の3会場『galerie 6c』『le bonheur』『Kica』をめぐる5日間のイベントです。

フランスで1月6日の公現祭(エピファニー)のときに、食べられる伝統菓子のガレッド・デ・ロア。
各会場にはパイの中に入れるフェーヴ(陶器の人形)を用いたフランス額装の展示と、公現祭のエッセンスを随所に盛り込んだ品々を携えた魅力的なお店が一同に集まります。

心ときめく苦楽園散策をお楽しみください。

OPEN
2016年1月6日(水)〜10日(日)
平日13時-20時
土日11時-18時

グリーンゲイブルスのお菓子は『galerie6c』にて販売されます。

ガレット・デ・ロア通り

Comments are closed.